社長メッセージ

平井社長に経営ビジョンや事業展開について聞きました

●これまでの経営方針はどのようなものですか?

  当社は創業以来、北海道産の農水産原料にこだわり、それを加工し、自社営業部及び大手冷凍食品ブランドオーナー様を通じ全国へ販売を展開してきました。加工に際しても自社独自の技術を開発し他社との差別化を明確にして行くという方針を貫いています。

●昨今の経営上課題は何がありますか?

 農水産物生産者の後継者不足及び高齢化による農産物の作付減。温暖化の影響と思われる天災による農水産物への被害の常態化。国内市場の少子高齢化による需要減及び作業員の人員不足。これらの問題に対応していかなければなりません。


●課題を踏まえ今後どのような事業展開を考えられていますか?

 当社は食品加工メーカーです。メーカーに求められるのは商品開発力、生産技術力です。原料不足が危惧される中「北海道産」というブランドだけに固執し、また頼ることなく、輸入原料でも加工度を上げ他社に真似できない商品を作り上げて行くことで原料リスクを回避していきます。更に今まで加工していなかった新たな作物についても加工を手掛け、同様に原料リスクを回避していきます。

●最後に就職活動中の学生さんにひとことお願いします。

 私は四代目社長ですが、創業者一族と血縁関係はありません。つまり、やる気さえあればどなたでも社長や役員になれる会社です。中小企業ではめずらしく、それが会社の活性化につながると思います。

 これから色々な会社を見ていくなかで、当社の考えに共鳴できるところがあれば検討ください。

 北海道内の単独会社説明会には極力私自身で思いをお伝えしたいと考えています。